男の痰壺

映画の感想中心です

2021-04-19から1日間の記事一覧

ファニーとアレクサンデル

★★★★★ 1987年12月30日(水) 大毎地下劇場 並の集大成ではない。遥か処女脚本『もだえ』に遡上しリライトされた聖職者への嫌悪を明示し決別し、自己を否定し解放する。で、およそらしからぬ豊饒が現出した。その決意こそがもたらした圧倒的映像力。ニクヴィス…

二・二六事件 脱出

★★★ 2010年1月9日(土) 日劇会館 「二・二六」を背景に描いて事件への客観的視座を確保し得ているところが良い。青年将校は徒にファナティックでもヒロイックでもない。健さん始め後の任侠面子の神妙演技への違和感も三國とのコラボで均衡を保つ。ただサス…

バック・トゥ・ザ・フューチャー

★★★ 1986年1月2日(木) 北野劇場 万人向けに毒要素を希釈したジュブナイルだとしても陰のないのっぺり感が拭いがたい。マーケティングのマニュアルにアイデンティティは蹂躙された。スーパーカーで時間を遡上し町内会の範囲で両親の為に大活躍。内向きのベク…

石川慶 Kei Ishikawa

生年: 1977/06/20 kenironkun.hatenablog.com kenironkun.hatenablog.com

トム・グライス Tom Gries

生年:1922/12/20没年:1977/01/03 kenironkun.hatenablog.com