男の痰壺

映画の感想中心です

2022-02-03から1日間の記事一覧

イン ザ カット

★★★★★ 2004年4月12日(月) 梅田ピカデリー3 孤独な魂が場末の男達のスペルマの臭いの中で彷徨い続けた『タクシー・ドライバー』から30年後、言葉とリアリズムの狭間でのたうつ女の孤独は血と汗とヴァギナの匂いの中で反転し愛に到達する。真フェミニズム映…

ワールド・アパート

★★★★ 1992年4月18日(土) 毎日文化ホール 差別者による被差別者側に立った物語は先鋭的なら身内を撃つというスタンスに行き着くしかない。これは、少女の視線で静謐に居丈高じゃなく内省的スタンスに徹している。戦略臭を感じつつも、こういうのには弱い。素…

イノセンス

★★★★ 2004年4月8日(木) 三番街シネマ3 高踏的な屁理屈は形を潜め「ハードボイルド」な日常描写も「古典SF」的な終盤のネタ割れもオーソドックス。閉じてしまった世界で、環境描写とポイントごとに配置されたアクションに粋の限りを尽くす。堪能すると同時…

グリゴーリ・チュフライ Grigori Chukrai

生年:1921/05/23没年:2001/10/28 kenironkun.hatenablog.com kenironkun.hatenablog.com

塚本連平 Renpei Tsukamoto

生年:1963/02/24 kenironkun.hatenablog.com