男の痰壺

映画の感想中心です

楢山節考

★★★ 1982年9月16日(木) 池田中央第一劇場

f:id:kenironkun:20200620203621j:plain

遣る瀬無い悲劇味を中和しようとして木下恵介が用いた底浅な様式性がどうにも中途半端で柄じゃない感が横溢している。何だか民芸の舞台でも見てるようで興醒めだ。平易なリアリズムで押した方が底知れぬ悲劇性はより屹立し絹代の決意も報われたろう。(cinemascape)