男の痰壺

映画の感想中心です

すかんぴんウォーク

★★ 1984年2月15日(水)  伊丹ローズ劇場

f:id:kenironkun:20210212013037j:plain

丸山脚本は馬鹿馬鹿しさと世知辛さを交えたアイドル売出し映画として文句無しだった筈だが、大森演出が初の外注企画への意欲は垣間見えるにしても馬鹿に成りきれず吉川も如何にも生硬だった。結果、見ててこっ恥ずかしさだけが際だってしまった。(cinemascape)