男の痰壺

映画の感想中心です

パーマネント・バケーション

★ 1992年5月9日(土) テアトル梅田2

f:id:kenironkun:20220116030640j:plain

ディスコミュニケーションは映画の素材として決して珍しいものではないのだが、その結果、煩悶する自身が何を掴んだかが観客としては知りたいところなわけで、飄々と流れていく数日間の果てに突然旅立ちとか言われても勝手にしろと言うしかない。(cinemascape)

 

 

kenironkun.hatenablog.com