男の痰壺

映画の感想中心です

ドラキュラ

★★★★ 1993年5月5日(水) 新世界国際劇場

古典としての風格も無く尖った前衛があるわけでもない。全てに於いてそこそこなのだが、ふっきれてしまったかのような、お手軽な贅を尽くした虚仮威しとハッタリの釣瓶打ち。作家のそういう枯れ方は好ましい。(cinemascape)

 

 

kenironkun.hatenablog.com