男の痰壺

映画の感想中心です

愛の世紀

★★★ 2002年6月20日(木) OS劇場CAP

映画製作話に独善的モチーフを散りばめた閉じた世界は食傷するが、一方で困ったことに、この映画はとてつもない美しさなのだ。しかも終末観とでも言うような哀しみに覆われている。ドカエやヴィエルニの最高作に並ぶモノクロと原色デジカメの前衛。(cinemascape)

 

 

kenironkun.hatenablog.com