男の痰壺

映画の感想中心です

犬神家の一族

★★★ 1976年11月16日(日)  伊丹ローズ劇場
イメージ 1
泥々の因縁話を欲の皮の突っ張り合い程度で茶を濁した感があり本質は遠ざかる。ジャパネスクと崑テクの融合はコンセプトは明快だが、腐乱死体の湖中ショットや金田一閃きの3連繋ぎなど冴えた断片が馴染みきれてない嫌いも。音楽の斬新に随分救われた。(cinemascape)