男の痰壺

映画の感想中心です

木枯し紋次郎 関わりござんせん

★★ 1992年9月27日(日) トビタ東映

f:id:kenironkun:20211128005832j:plain

文太の紋次郎は良いが市川崑監修のTVが劇場映画と比しても遜色のない作家性を持っていたのに比べて凡庸なTV時代劇並のクオリティ。しかも、粘着な市原悦子が話の辛気臭さ倍加させ文太をも冥府に引きずり込む。全く救われない。(cinemascape)

 

 

kenironkun.hatenablog.com