男の痰壺

映画の感想中心です

皆さま、ごきげんよう

★★★ 2017年1月14日(土) テアトル梅田2
イメージ 1
ドリフのコントのようでもあるしシュールな寸劇がブニュエルの「自由の幻想」のリニューアルバージョンのようにも見える。
特に安い中世挿話から展開するのが意識的なのか?。
 
概ね映像主義的作風からは遠い。
相当にいかげんでそこが愛らしいとも言える。
ロイ・アンダーソンあたりとは真逆。
ただ凄みに欠けるんだよな。