男の痰壺

映画の感想中心です

人妻集団暴行致死事件

★★★ 1978年9月3(日)  ダイニチ伊丹
               1980年8月22日(金)  毎日ホール
イメージ 1
もっと扇情的でも良かった。加虐と被虐のベクトルが曖昧で感情の肩入れが出来ない。室田演じる兄貴風吹かせるチョイ悪親爺は結局閉じた世界の住人となるに、殊更葛藤も無さそうだ。妻が愛おしいの1点突破なら若僧どもとの馴れ合いではなく相克をこそだ。(cinemascape)