男の痰壺

映画の感想中心です

泥の河

★★★★★ 1981年6月17日(水) 梅田東映ホール

f:id:kenironkun:20191112194815j:plain

高度成長期の端緒は人々が未だ哀しみを噛み殺していた時代でもあったという述懐で、少年は幾度もの喪失を乗り越えやがてモーレツ時代の洗礼を受ける。出会いに始まり別れで終わる泥河べりの物語は慈しみに充ちた作り手たちの気合が最高感度で親和した結実だ。(cinemascape)