男の痰壺

映画の感想中心です

★★ 1982年8月13日(金) SABホール

f:id:kenironkun:20200620212013j:plain

どうにも視野が近親相姦的に内向きに閉じているので希望が無く息苦しいし、トリッキーな作劇を凝らしている割には錯綜がロジカルに紐解かれる醍醐味も薄いのだ。何より社会主義プロパガンダ臭が濃厚であり、それが迎合的で言い訳がましい感じで潔くもない。(cinemascape)