男の痰壺

映画の感想中心です

羅生門

★★★★★ 1981年1月31日(土) SABホール

f:id:kenironkun:20200305183958j:plain

脚本の徹頭徹尾なロジカル構成に対し、演出のパンフォーカス多用の人物配置は当意即妙で、パッションとエロスの発露に稀代の才能が2枚揃い、リリカルな瞬時の詩情をカメラは変幻に抽出する。真の天才的職人たちの奇跡のコラボレーションは最早伝説の領域。(cinemascape)