男の痰壺

映画の感想中心です

一度も撃ってません

★★★★ 2020年7月3日(金) 大阪ステーションシティシネマ10

f:id:kenironkun:20200704201936j:plain

結果、芳雄の遺作を撮っちまった阪本順治が、なら蓮司のもと思ったかどうか知らんけど、老人同窓会と化した出演者の顔触れもゲンナリであるし、阪本の最近のフィルモグラフィもてんでしっくりこない。見るの止めよかと思ったが、予想に反してタイトに締まった好編だった。見て良かった。

 

ハードボイルド親爺が、グラサン外して煙草を置いたら、その実ありゃまあレレレのレーという緩いコメディの予想は、冒頭の真正殺しのシーンで良い意味で裏切られた。

そして、映画はマジとシャレの境界線上を絶妙のバランスを保ちつつ、それでも逸脱の危惧を孕みながら擦り抜けていく。

丸山昇一としても久々の虚実ない混ぜワールドで、「遊戯」シリーズより寧ろ「ヨコハマBJブルース」の世界観を思わせる。

 

老人化した出演者陣、わけてもかおりが痛痛しかったらどしよーの懸念があったが、大丈夫だった。まだイケると思った。

 

亭主の裏の顔とそれに疑念を持つ妻。

ありがち設定なのだが、この映画、そこだけはマジ路線っぼくて針で心臓つつかれる気分だった。勘弁してほしいと思った。