男の痰壺

映画の感想中心です

ガンパウダー・ミルクシェイク

★★★ 2022年4月11日(月) TOHOシネマズ梅田5

f:id:kenironkun:20220411195455j:plain

撮影のマイケル・セレシンや美術のデヴィッド・ショイネマンが名だたる作品を手がけているベテランであるから、映画のフレームワークは堅牢だと思います。ただ、そこで描かれたもんが新しいかと言えば疑問。

 

巷間言われてると思うけど、殺し屋の巨大組織内で話が終始する点や、治外法権的エリアがある点が「ジョン・ウィック」シリーズまんまで芸の無さにシラけます。

殺陣もスローの長回しでためてはっちゃけるってのは、マシュー・ヴォーンが「キングスマン」でやり切っており二番煎じ感ハンパない。

 

中身も見てくれもそんなんで、それでもまあ楽しませてくれるのだから、ある意味演出のナポッド・パプシャドは才能あるのかもね。タランティーノ推しだそう。