男の痰壺

映画の感想中心です

スペースノア

★★ 1993年5月5日(水) 新世界国際劇場

ひたすらに地味であるのだが地味であることを逆手にとって何かを意図を付加させることもない。寧ろ生真面目にSFしようとしているところが如何にもエメリッヒらしく単細胞的でカーペンターやルーカスに及ぶべくもない。珍品以上のものでもない。(cinemascape)

 

 

kenironkun.hatenablog.com