男の痰壺

映画の感想中心です

自転車吐息

★★★★ 2002年12月13日(金) 扇町ミュージアムスクエア

閉塞状況から逃れ得なくば人は逃避し破壊し、さもなくば自壊する。自壊男に殉教する男が縋る「透明ランナー」は所詮幻影。妹が「ざけんじゃねえ」と街の喧噪に突き進むのが救い。青臭くてたまらん部分も多分にあるが後半、特に大晦日の彷徨以降は冴えまくる。(cinemascape)

 

 

kenironkun.hatenablog.com