男の痰壺

映画の感想中心です

ホフマン物語

★★ 2001年7月24日(火) 扇町ミュージアムスクエア

色男とも思えぬホフマンが恋の思い出を語っても全く入り込めず、結末はシニカルなのに篇中では作り手のスタンスが伝わらず居心地が悪い。3話とも幻想譚なのだが、同時代のコクトー等の作と比べても表現が稚拙。バレエに興味がなければ苦痛でしかない。(cinemascape)