男の痰壺

映画の感想中心です

狐のくれた赤ん坊

★★★ 1993年7月11日(日) 日劇シネマ

阪妻の愛すべきキャラクターを次世代で体現し得たのは豪放一筋の三船より愛嬌兼備の勝新であったと断言し得るほどのドハマリ役。オリジナルを超えるものも見当たらないが安定した三隅演出もあって水準以上のプログラムピクチャーになった。(cinemascape)