男の痰壺

映画の感想中心です

ナイト・アンド・ザ・シティ

★★★ 1993年3月14日(日) ホクテンザ1

のっぴきならない窮地に追い込まれていくにしては甘い設定で、オリジナルは知らんがもう少しアレンジの仕様があったのではないだろうか。怖さや胡散臭さや小汚さなどエキス不足。主役2人の魅力的配役センスだけが興行師ウィンクラーの嗅覚を感じさせる。(cinemascape)