男の痰壺

映画の感想中心です

ハネムーン・キラーズ

★★★★ 2017年12月16日(土) 新世界国際劇場
イメージ 1
犯行に及ぶ際、心地よいくらいに感情的な足跡は全く描かれないし究明しようともしてない。
迷いとか躊躇とか罪悪感とか、そういうものだが、かといって冷酷を強調しようとの意図もなさそう。
 
シークェンスからシークェンスへの移行もシンプルで夾雑物がない。
いきなり佳境に入っていく。
 
監督経験のない作曲家が監督して、以後1作も撮らなかった。
そのへんも潔い。
 
何から何までシンプルで簡潔。