男の痰壺

映画の感想中心です

女と男のいる舗道

★★ 1980年10月5日(日)  大阪府中小企業文化会館大ホール
イメージ 1
娼婦であるというリアリズムが、ドライエルを見て涙し哲学者と会話するゴダール脳内醸成された「女性」と乖離しまくる。見てて恥ずかしくなるような青臭さ横溢。カリーナ愛はけっこうだがジャンル冒涜の連作の1篇。(cinemascape)