男の痰壺

映画の感想中心です

検察側の罪人

★★★★ 2018年8月26日(日) MOVIXあまがさき6
イメージ 1
大作が続いた原田眞人だが、彼にはこれくらいの規模のバジェットが相性がいい。
例によって、通常の1.2倍速くらいの台詞回しやフィルムの刻みこみを施している。
そのおかげかどうか知らんが、必要とも思えぬシーンも潤沢に挿入し世界に厚みをもたせている。
若干の苛立たしさを覚えつつ、それでも充足感を覚えた。
 
取り調べシーンってのは映画的醍醐味に満ちている。
刑事ってのは、実際に対面するとオーラが半端ない人が多い。(やくざも同じか)
それって、ある意味で役者稼業に通じると思う。
 
本来、この映画で最も役者冥利に尽きる役はモンスターと評される強姦殺人犯・松倉だ。
演じる酒向芳は努力賞とは思うが…。
だが、対峙するニノのあまりのぶっ飛んだ出来に対して霞む。
二宮和也ってのが、ここまで演れる男だとは思わなかった。
 
ただ、その入魂演技の取り調べが他のシーンのトーンと著しく乖離する。
これは、原田眞人もわかってたのだろうが、修正するのが惜しかったんだろう。
暴走に任せたってことだ。
そして、そういう映画の逸脱が俺は好きなのだ。