男の痰壺

映画の感想中心です

メン・イン・ブラック インターナショナル

★★★★ 2019年6月26日(水) 梅田ブルク7シアター7
イメージ 1
さして好きでもないシリーズなのだが、何故か全作見ている。
今回も、「X-メン」の新作とどっちにしようかと思ったが、こっちを見てしまった。
 
もはや、宇宙人が日常に密かに介在しているというコンセプトを、4作目にもなってやっても仕方ない。
で、結局は組織内での裏切り者探しに究極兵器の争奪というお馴染みコンセプトをミックス。
てことで、やる気あんのかいの体たらくであり、そもそもに「インターナショナル」って何?
ってことで、なんかわからんが付けたろレベルの題名で、開き直りの境地である。
 
だけど、なかなかオモロかったんですわ。
それは、新配役の2人が良かったからと思う。
クリス・ヘムスワースの長身イケメン男に、テッサ・トンプソンのちんころ姉ちゃんみたいな小躯がいい。
俗にいう凸凹コンビなのだが、男と女で白人と黒人ってのが微妙なニュアンスをもたらす。
テッサって「クリード」の嫁はん役やった人なのだが、あの真面目くさった役より断然いいっす。
正直、この映画の見所は2人のコンビネーションのみと言っていい。
 
なんだか、不味い渋柿が日向でユラユラ吊るされてるうちに思いのほか甘くなったかのような。
そんな映画だと思う。