男の痰壺

映画の感想中心です

IT THE END “それ”が見えたら、終わり。

★★★ 2019年11月25日(月) 梅田ブルク7シアター4

f:id:kenironkun:20191204102554j:plain

前作のヒットで予算が上がったんだろうが実に堅牢な作りで、昨今のワンアイデア勝負のこの手のジャンルムービーの中では格が上だと思う。

ただ、それは見てくれの格であって、堅牢なだけでは満足するかっていうとそうもいかんのであーる。

 

ひとこと、驚きはまったくない。

前作の序章で、そこまでゴアにいっちゃうんかってことで予測を裏切ったような何かは終ぞ見られなかった。

 

だいたい、このペニーワイズなる悪鬼であるが、幻惑して陥れるのと、現実に手をかけるの両方で攻めてくるのが、まあ言わば何でもありかいなで、ずるいぞーなわけでして、それって映画として視点の定め方が拡散してしまうんじゃなかろか。

そのへん、スティーヴン・キングは実しやかな筆力があるので、小説で読んでるうちは気になる暇もないわけですが、映画としては、そのへん根本的に考えたほうがいいんじゃなかろうか。

 

まあ、予想通りのもんをきっちり見せてもらったという満足はある。

この監督は力量があるので、いずれもっと凄いもんを撮ってくれると思いました。