男の痰壺

映画の感想中心です

コンフィデンスマンJP

★★★ 2019年6月5日(水) TOHOシネマズ梅田2
イメージ 1
TVシリーズ未見です。
なので、見る気もなかったのだが、「キングダム」で良かった長澤まさみ見たさで見ました。
まあ、詐欺師集団が大物をカモる。
っていやあ、「スティング」、みたいなもんで、この映画もその1点にすべてを注ぐ。
しかし、注ぎすぎて、他はなーんにもないってことになっちまいました。
 
前半の2/3は正直、退屈っす。
むしろ、無残といってもいい。
古沢良太の脚本作品ではの前作「ミックス」のガッキーもそうだったんだが、基本はダウナー系の女優をアッパー系の役にふるもんだから痛々しい。
本作のまさみも、顔ひん曲げたりして奮闘しているのだが、無理感が横溢しております。
彼女の売りNo1の脚線美も封印して、つまんないことこのうえない。