男の痰壺

映画の感想中心です

オクラホマ巨人

★★★ 2020年2月11日(火) プラネットスタジオプラス1

f:id:kenironkun:20200215103441j:plain

なんだか意味不明の邦題である。「オクラホマの石油」ってんじゃダメなのはわかるが、なんで巨人?しかも助詞がないから固有名詞みたいで、これじゃ怪物の名前みたいやん。

ってなことも考え、配給会社もやる気なかったんやろなと思われる映画です。

 

油田を掘削中の丘をめぐって、個人VS石油メジャーが争う話。

個人がフェイ・ダナウェイでメジャーから派遣された交渉人がジャク・パランス。

このダナウェイ。男嫌いでありまして、それはいいんだが、どうもそこに踏み込んでいかないので、映画が生半可になってると思いました。

父親とか夫との確執ですが、断片的な言葉からの推測だが、遊び人で家庭をかえりみない父とDV夫だったみたい。

そこへ、年老いてきたんで、娘と安生やりたい父ジョン・ミルズと彼が雇ったジョージ・C・スコットがからむ。

で、丘をめぐる争奪と並行して、話の副線はダナウェイとスコットの男と女の話。

 

まあ、こういうのはアメリカ映画の伝統芸であって、男勝りの鉄火女がだんだん男にほだされていく。しかし、肝心のスコットが、どうも本気だかでないのかはっきりしません。ニューシネマの時代を反映しているんでしょうかね。映画もすっきりストンと落ちるとこには落ちない。まあ、それでもそこそこ楽しいんですけど。

ラストがストップッモーションで終わるのだが、さてさてこの後どうなることやらみたいな感じです。

 

スタンリー・クレイマーの晩年の作だが、やっぱご老体にはニューシネマ風味はあわなかったんでしょう。

ジャック・パランスがすごくいい。たぶん「シェーン」の殺し屋と匹敵すると思いましたね。