男の痰壺

映画の感想中心です

ダンシング・レディ

★★★ 2020年3月22日(日) プラネットスタジオプラス1

f:id:kenironkun:20200322192206j:plain

映画史的には、アステアの銀幕初出作品って以外にこれといったトピックもない代物だと思う。

で、そのアステアに大して興味もないし、そもそも俺は50年代のMGMミュージカルが大好きってわけでもないんです。

 

まあ、最近見た「雨」のジョーン・クロフォードと「紅塵」のクラーク・ゲーブルが共に絶品だったので見たようなもんです。

その点では満足しました。特にクロフォードの老け顔にお目目ぱちくりのオーラは相変わらず頭抜けております。

でも、彼女が新人から抜擢されてミュージカルの主演するって設定は無理がありますなぁ。

だって踊り下手ですやん。重くってドタドタしてる。アステアはさすが軽やかですから彼女の重さが際立つ。そこを目力でカバーしようったって限度があります。

 

3角関係の映画でもあるのだが、その点でも、クロフォードの心の揺らめきは合点がいかない。揺らめく必然がないんです。ゲーブル1点張りでええやんて思えちゃいます。

そういう意味では、前半が楽しい映画ではありました。