男の痰壺

映画の感想中心です

えきすとら

 

★★ 1982年8月10日(火) 伊丹ローズ劇場

f:id:kenironkun:20200531131029j:plain

成功の為には身を任せることも厭わない石田えりが相も変らぬ微温ドラマを破壊してくれればまだしもだったのだが、朝間の旧態なモラリズムは頑強なのであった。それでも流石に終盤の『寅さん』的作劇上のパターン演出に多少は心動かされる部分もある。(cinemascape)