男の痰壺

映画の感想中心です

天国は待ってくれる

★★★★ 1993年4月11日(日) みなみ会館

道楽を重ねて女房を泣かせても夫婦が共に歩んだ積み重なる歳月はエゴを浄化し全ては許容されるという男の願望話でもあるし理想の女性像の具現化でもある。都合良すぎの疑義は余りに闊達な語り口と余りに美しいカラーにより寓話化された世界で雲散霧消する。(cinemascape)

 

 

kenironkun.hatenablog.com