男の痰壺

映画の感想中心です

愛しのアイリーン

★★★★ 2018年9月17日(月) 大阪ステーションシティシネマ
イメージ 1
原作未読…っちゅうか、ここ20年くらい漫画読んでません。
であるから、この展開の転がり方に驚いた。
吉田恵輔監督の「ヒメアノ~ル」の印象があって、狂気の予断があったのかもしれない。
確かにヤクザも出てくるし人死にもある。
可愛い子ちゃんも出るし色気ばばあも出て激しいSEXシーンもある。
 
でも終盤の転び方は、ちょっと何やろか。
俺は泣きはせんかったが、むしろもっと重い衝撃を体の芯に感じた。
三池崇史流にリブートした木下恵介
日本の土壌に初めて発生したPTA(ポール・トーマス・アンダーソン)もどき。
奥田英朗の傑作漢字2文字小説群と同じ土俵。
いろんなことが頭の中をかけめぐりました。
 
ただ、この監督、気を抜くわけではなかろうが、緊張が間断するところがある。
この原作者の「ワールド・イズ・マイン」というのを深作や園子温が映画化を試みたらしい。
彼らの最盛期のボルテージで描かれたなら大傑作たりえたかもしれない。