男の痰壺

映画の感想中心です

愛と誠

★★★★ 2012年6月17日(日) MOVIXあまがさき9

f:id:kenironkun:20200802175624j:plain

今時「ブルジョワ」対「不良」のお笑い構図をやる為の納得コンセプトではあるが、にしては終盤結構マジ涙腺を刺激され、嘗ての三池が必ず陥った破綻を回避するネバリ腰。ただ、その一歩手前を線上で維持したのは安藤と余であったのは間違いない。(cinemascape)