男の痰壺

映画の感想中心です

怪描トルコ風呂

★★★★ 2020年8月23日(日) 新世界東映

f:id:kenironkun:20200823175755j:plain

監督の山口和彦ってあんまり取り上げられない人だが、デビュー作の「ずべ公番長 夢は夜ひらく」を数年前に見て佳作だった覚えがある。ってことで期待して見ました。

これも、佳作といっていい。

 

買春禁止法施行の前夜から始まる。遊郭が廃絶されたが、経営者たちは個室浴場にリニューアルして同じことを続けた。いわゆるトルコ風呂ですが、その後トルコ国からクレームがきてソープランドに呼称が変わりました。当然、泡踊りや潜望鏡(のシーンはありませんが)などエロ要素満載で、そこに、化け猫が加わって飽きる間もございません。

 

極悪非道男にたおやかな女が虐め殺される。憎っくき外道めと女の飼い猫がニャー、死んだ女も猫又と化して蘇る。とジャンルパターンを基底としている。

しかし、この映画は中盤から、殺された女の妹ってのが主線に出てきて展開が全く読めなくなる。飽きさせません。

 

女が谷ナオミ。男が室田日出男谷ナオミはロマンポルノ転身前だけど、縛られどつかれるってのが最初から得意やったんですね。

そんで、死んだ彼女の死体は倉庫の壁に塗り込められる。で、猫の怒りが爆発したとき雷鳴轟き壁にヒビが、崩れ落ちた壁の奥から彼女の死体、でその時又もやの雷鳴と閃光、一瞬にして猫又となった彼女がニャギャー。

瞬間、俺の思考は3.5秒ほどフリーズした。猫の要素のかけらもない猫又。ザンバラ白髪に隈取りのようなメイクが安い。しかし、一点の迷いもなく映画は猫又たることを確信しております。脱力感は消えていきました。なんだか歌舞伎のような伝統芸的高みに至ってる気さえしてくる。虚構を見せることへの信念の圧がハンパない。

 

映画とは嘘を突き通したもんが勝つ。

あらためてそう思わされました。