男の痰壺

映画の感想中心です

リダクテッド 真実の価値

★★★ 2009年10月10日(土) トビタシネマ

f:id:kenironkun:20210506194401j:plain

序盤の監視所があるバイパス入口の半端な静謐が支配するサバーブ的状況設定が秀でており、緊張と倦怠の綯い交ぜな描写は素晴らしい。ただ、中盤以降は、真摯ではあるが提議される問題もそれを描く手法も新味が無い。デ・パルマだから敢えて言いたいのだ。(cinemascape)