男の痰壺

映画の感想中心です

夏物語

★★★★★ 2003年10月20日(月) OS劇場CAP

f:id:kenironkun:20220220091414j:plain

夏の海辺は男も女も開放的にさせるという切ないまでの華やぎムードの充満。自称アーティスト男も人生の年輪を重ねた男たちから持ち上げられ、才能があるかどうかなんて知ったこっちゃないが希望を持って旅立つのだ。リフレインされる会話の風景も超絶に粋だ。(cinemascape)

 

 

kenironkun.hatenablog.com