男の痰壺

映画の感想中心です

旅情

★★★★ 1993年2月2日(火) シネマアルゴ梅田

行き遅れハイミスの感傷旅行のリード役は少年から頃合いの中年男へリレーされるが映画には悪意の欠片も存在しない。サンマルコ広場の景観が荘厳な華やぎで彼女の悲喜交々を彩るだろう。その端正なカラーの色調。そして傑出したラストの小粋なくちなし使い。(cinemascape)

 

 

kenironkun.hatenablog.com