男の痰壺

映画の感想中心です

奇跡

★★★ 1982年1月23日(土)  SABホール

f:id:kenironkun:20201004085230j:plain

オプティミストベルイマン的なものを想像していただけに真っ先に手法に対する疑念を感じ終始それを拭うことは叶わなかった。執拗なまでの移動を組み合わせたパンニングの多用は強固な意志を欠落させ曖昧な空気を提示するにとどまる。(cinemascape)