男の痰壺

映画の感想中心です

チャンシルさんには福が多いね

★★★★ 2021年1月13日(水) シネリーブル梅田4

f:id:kenironkun:20210114053658j:plain

昨年の日本映画「私をくいとめて」と極めて似ているが、俺はこっちの方がいいと思いました。

だって、アラサーの可愛い女子の悩みなんてたかが知れてるし、まだまだいける年齢だと思いますが、アラフォーの普通のおばさんではしんどいやろなあと思う。

リアルはしんどい方にあると思う。であるから、のんが主演した段階で「くいとめて」は、普遍なリアルを放棄している。

まあ、それはアラカンの俺からすればであって30代のリアルは又違うんでしょうが。

 

年下の男に告ってあっさりふられる。それも、後ろから抱きつくという全身全霊バンジージャンプ級の告白でふられる。この居た堪れなさは痛切である。

そんな彼女が、真っ暗に落ち込んでるとき、部屋にあった古いラジカセでテープを再生する。それは昔、少女であったころにエアチェックしたラジオの映画番組。先週の「ベルリン天使の詩」に続いて今週は「ジプシーは空に消える」をお送りします、なんてやっている。

ここで、俺はかなりやられました。似たような俺の記憶が映画とシンクロする、時代は違いますけど。彼女は映画愛が高じて業界に入り、まあ一応夢は遂げた。で、挙句にどうなった?という世知辛い自己の問い直しであります。

 

一念発起でシナリオ書いたりするが、そんなに世の中甘くはない。ラスト、走る列車の頭部からの映像が、彼女の心象の映画として映される。ここは詰めが甘くて寂しすぎると思いました。フェリーニのような祝祭で終わって欲しかった。でないなら地獄へ突き落とすかだ。いかにも半端。