男の痰壺

映画の感想中心です

本音と建前 そして終わりの始まり

f:id:kenironkun:20210213073739j:image

「ずいぶん住みにくい世の中になっちまったよな、そう思わねえか」

「まったくだよ、何なんすかねえ、今回のモリ発言をめぐる顛末って、まあ今更ですけど」

「ピラニアがウジャウジャいる川に落ちた子羊みたいなもんだよな」

「座布団1枚っす」

「正義と善意を振りかざし悪意と言葉の暴力

で袋叩きってな」

「サディスティックなまでにね」

「結局、みんな好きなんだよ、人いじめるの」

「イジメがなくなるわけない理屈だわ」

「でもさ、本当はいるはずだろ、イジメはダメだって奴、って言うかモリの言ったこと言えてるよなって奴」

「絶対いるよ」

「みんなだんまり決め込んでさ」

「最近流行りの同調圧力ってやつですね」

「もしかして、これって民主主義の危機じゃねえ?」

「えっ?」

「だって言論の自由が脅かされてるんじゃんかよ」

「そうなんすか?」

「そうなんだよ、決まりだよ」

「決まりねえ」

「おい、そうとわかったら、こんなことうかうかしてる場合じゃねえや、おいっハチ公!」

「へい」

「ひとっ走りして、あのお方にご報告だ」

「ガッテンだ」

同調圧力を吹き飛ばし、ポリコネ野郎どもを正さなくちゃならねえ」

「できますかね」

「やるっきゃねえだろ」

「新たな戦いがはじまるんですね」

「ふっふっふっ…アイルビーバック…てか」

 

新党「アカルイミライ」の終わりの始まりであった。

 

kenironkun.hatenablog.com

 

 

kenironkun.hatenablog.com