男の痰壺

映画の感想中心です

ドライヴ

★★★★★ 2012年4月7日(土) 梅田ブルク7シアター4

f:id:kenironkun:20200920060603j:plain

性急に解を求めるでもなくたゆたうように交わされる視線の濡れた情感。香港ノワール由来の情に流され浸りきる風情が良い。それが、「やる時はやる」の徹底したサディズムに急転するとき物語の帰結は自ずと確定される。その揺ぎ無き節度と信念に心打たれる。(cinemascape)