男の痰壺

映画の感想中心です

フールズ・オブ・フォーチュン

★★ 1992年12月6日(日) 大毎地下劇場

f:id:kenironkun:20211031162100j:plain

E・M・フォスター原作の映画みたいな雰囲気で始まったのが、いつの間にやら通俗的な復讐譚になる。展開の綾に欠けるので置いてけぼりを喰ったかのような感情移入のし難さだ。それを今いち魅力に欠く役者たちが演じ何を描きたかったのか皆目解らない。(cinemascape)