男の痰壺

映画の感想中心です

欲望

★★★★ 1994年7月30日(土) 扇町ミュージアムスクエア

写真の片隅に何かが写っているというモチーフがサスペンスの常套から逸脱し不条理に浸食され始める。深遠な何かを呈示しているとも思えぬが、それが夢か現かの白日の陽光と非現実的な美しいカラーのもとで起こる語り口の冴え。(cinemascape)

 

 

kenironkun.hatenablog.com