男の痰壺

映画の感想中心です

深い河

★★★ 1995年6月24日(土) みなみ会館

インドや欧州の風景の中の日本人がそれほど浮いてないのは認められるが文章では違和感がないであろう台詞も直截に演られると歯の浮いてきそうな臭さがある。何かを模索する旅と鎮魂の旅では意味が違う。それを混在して提示するものだから印象が散漫になった。(cinemascape)

 

 

kenironkun.hatenablog.com