男の痰壺

映画の感想中心です

お茶漬の味

★★★★★ 2018年10月18日(土) シネヌーヴォ
イメージ 1
小津の映画を観るのは数十年ぶりです。
4Kデジタルリマスター版とか称してるけど何ほどのもんでもない。
て言うか音ずれしとるやん、舐めとんのか!
大体やねえ、デジタルリマスターとか恰好つけて言ってるが、それって北斎の版画を写真に撮って展示してるようなもんで、その写真の画素がどうだってのはどうでもいいやって話でね…。
 
映画は良かった。
これは、「麦秋」と「東京物語」の間に位置するのだが、原節子は出てないし笠智衆はパチンコ屋の親爺という脇役です。
しかも、セルフリメイクらしい。で、そのオリジナルも観ておりません。
であるから良かった…のかもしれません。
 
途中までこれは「東京暮色」に匹敵するダークサイドに振れた作品かと思っていた。
だが、彼は帰ってきた。
延々と続く夜食のシーンが小津らしくない歪さを発散する。
でも、ここが勝負という確信が長さを緩ませない。
 
「鈍感さん」と彼は揶揄されるが、数年前に老作家が「鈍感力」とういう本を上辞した。
読んでないが、なんとなくそやろねと思うのだ。
だって、鈍感装わないとやってられないもんです。
夫婦なんて。