男の痰壺

映画の感想中心です

マッチポイント

★★★★ 2006年9月19日(火) 梅田ガーデンシネマ1

f:id:kenironkun:20211106224408j:plain

何も今更と思う「罪と罰」現代版焼き直しを何の捻りもなく提示されてもとも思うが、敢えて言うなら米片田舎と英上流階級の文化と階級の相克をこそ提示したかったのではないだろうか。何をやっても巧いのだが、現代のラスコーリニコフは所在なげでもある。(cinemascape)

 

 

kenironkun.hatenablog.com