男の痰壺

映画の感想中心です

無法松の一生

★★★★ 2003年2月4日(火) トビタ東映

日本映画黄金期の贅を尽くしたセット美術の奥行きの深さを堪能。ミディアムショットはマキノを彷彿とさせる安定感があり、多くのシンボリックなショットに加藤泰を想う。お話は勿論良い。尚阪妻版は未見。(cinemascape)

 

 

kenironkun.hatenablog.com