男の痰壺

映画の感想中心です

ハイ・ライフ

★★ 2019年5月6日(月) シネリーブル梅田3
イメージ 1
別に厳格なものを映画に希求するつもりはない。
それに抗じるものがあれば。
 
冒頭、宇宙船外で修理作業する男が手を滑らせ部品を落とす。
…落とすって無重力なのに落ちないやろ。
でも。それはどんどん落ちていく。
 
宇宙服の素材が布製にしか見えない…っていうか布。
そのフェイスカバーの接合部は首の前半分しかない。
ってことは空気駄々洩れっす。
 
なんだか、これは、フェミニズムの最悪な成れの果ての腐臭がする映画だ。
所詮は、状況設定をいくら凝らしても、妊娠や出産のイメージの範囲でしかものごとは見えてこない。
或いはバナナ状の鉄の張り形で悶えるジュリエット・ピノシュ。
そういう性的イメージでしか物事は見えていないし、把握もできないのだろう。
 
かつて、女性は太陽だったとl極東のフェミニズムの先駆者は言った。
それが、どうひんまがってこうなったんでしょうかね。
 
たびたびインサートされる地球での思い出。
そこだけ、おそらくフィルム撮影されている。
その詩情だけは良かった。