男の痰壺

映画の感想中心です

アビス

★★★ 1990年7月15日(日) 新世界国際

f:id:kenironkun:20210714054539j:plain

金に糸目を付けぬ海溝描写には時折堪能させられるものの、行き着いたところが絶対神的異生物による人類救済となれば否応なくテーゼに於いて『未知との遭遇』との類似性を想起せざるを得なく、となればキャメロンの作家としての矜持を疑わざるを得ない。(cinemascape)