男の痰壺

映画の感想中心です

息子

★★★ 1991年11月9日(土) 高槻松竹

f:id:kenironkun:20210808020250j:plain

今更の平成版『下町の太陽』的アナクロを稀代の無頼役者を親子に立て演じさせる山田の平衡感覚は流石だが、序盤で『東京物語』をトレースし、終盤ではメロウな情に流れ、それらが有機的連関を持たずバラバラである。部分では突出しつつも何かが足りない。

 

 

kenironkun.hatenablog.com